プログラミングメカブログ

Adults cling to the past, Children want to escape to the future

プログラミングメカブログ

Adults cling to the past, Children want to escape to the future

3月

22

WindowsServerにCakePHP3をインストール

  • POSTED BY 小谷松 丈樹 IN 調査
  • 2 Comments

概要

Windows Serverに慣れていないので、
フレームワークのインストールからやって勉強します。

目標

Windows ServerでCakePHP3を動かす

前提環境

下記がインストール済み(PostgreSQLはRDS)

  • Windows Server 2012 R2
  • Apache2.4
  • PHP5.6
  • PostgreSQL

インストール作業

まずはいつものComposerインストール

https://github.com/composer/windows-setup/releases/にアクセスしてインストールします。
nkcorpdir-web01
ダウンロードすらさせてもらえませんでした。
IEのインターネットオプションから https://github.com を信頼済みサイトに追加。
nkcorpdir-web01_1
ダウンロード先のURLが https://github-cloud.s3.amazonaws.com になっており、こちらも同様に追加する必要がありました。

ダウンロードを終えたらSetup.exeを実行します。
使いそうかと思ってShell Menusもインストールしておきました。
で、PHPの場所を指定してインストール。

If possible you should enable it or recompile php with --with-openssl
と怒られたので、opensslを有効化して再度チャレンジし、Composerのインストールが完了。

Composerでプロジェクトダウンロード

公式のインストール手順に沿って下記を実行

したら、下記の通り怒られました。

php_intlも有効化しろとのこと。
有効化し、再度プロジェクトディレクトリを空にして実行します。

ここでアクシデント

php_intl.dllが読み込めず500エラーが出ました。
結果だけ言うとこちらの回答を参考にしましたが大変でした。
コマンドラインで php.exe -i したら読み込まれているのに、
Apache経由で phpinfo() を表示する読み込まれていない状態。
何を言っているかわからねーと思うがどうたらこうたら…

ともかく、本環境では C:\Apache24\bin 以下に、 C:\Program Files\php の下にある icu~~~.dll を全てコピペ。
これで再起動したら動きました。

スクリーンショット 2016-03-22 16.55.42
ヒャッホー。

感想

CakePHPのインストールのつもりだったのに、
PHPとApacheとWindowsServerに翻弄されました。
ちょっと吐いて覚えるWin鯖でした。

Comments ( 2 )

コメントを残す

Please type the characters of this captcha image in the input box

Please type the characters of this captcha image in the input box