プログラミングメカブログ

Adults cling to the past, Children want to escape to the future

プログラミングメカブログ

Adults cling to the past, Children want to escape to the future

10月

08

Laravel4をインストールしてみた

  • POSTED BY 小谷松 丈樹 IN 調査
  • No Comments

Laravel4

スクリーンショット 2014-10-05 13.27.41
触った事の無いPHPフレームワークをいじろうと思って、ちょっとサーベイしてみました。
2014年の最新PHPフレームワークをベンチマークしてみる
上記からすると、段違いにCodeIgniterが優秀ですね。次点にCakePHP≒FuelPHPと続くようです。
が、FuelPHPのスレで、「日本ではFuelPHPを使う事が多いが、海外ではFuelPHP選ぶくらいならLaravelを選ぶ」
という書き込みを見て、ベンチマーク的にはメモリ食うし速度も遅いのに?とちょっと疑問に思いました。
よほど開発しやすいのか・・・?
何故選ばれているのか、実際に使ってみて確認しましょう。ということでまずはインストール。

インストール

環境

必要なサーバ環境は以下の通りです。

composer.phar

Laravelのインストールには、パッケージ管理のためにcomposer.pharが必要です。

で、いちいち php composer.phar create-project ~~~ と打つのは手間なので、

として、/user/local/以下に移動させると composer create-project ~~~ と使えてちょっと便利。

Laraevlインストール

日本語版コメント付きのパッケージをインストールしてみましょう。英語版は-jaを消すだけですね。

コマンド一発。すごく簡単ですが、コマンド叩いてから完了まで5分くらいかかります。

構成確認

こんな感じ。
/path/to/ProjectName/public がドキュメントルートですね。
まだアクセスしても、 Error in exception handler. と表示されてしまいます。
初期設定としてconfigをいじる必要があります。

app/config/app.php

このあたりですね。
データベース定義も編集する必要があります。

app/config/database.php
デフォルトのデータベース接続設定に 'default' => 'mysql', とあるので、

このあたり。

適当にユーザー、テーブルを作成して設定しておきます。

設定しても、何やらエラーが発生しています。
Error in exception handler.
エラー文言でググってみると、キャッシュ用ディレクトリである app/storage への書き込み許可が無い、と。

と、権限を与えてあげると・・・・
スクリーンショット 2014-10-08 22.38.39

くぅ〜疲れましたwこれにてインストール完了です!

やたらと時間のかかるインストールだった気がします。
(主にPHP5.4とApache2.4の仕様を知らずに入れようとしたからかもですが。)

では次から、開発に関する差異を見て行きたいと思います!

Tags : |

コメントを残す

Please type the characters of this captcha image in the input box

Please type the characters of this captcha image in the input box